記事一覧

[62] global cabin五反田

こんにちは、旅人しろきちです。

今日は「ドーミーイン全国制覇の旅」の第62弾、「global cabin五反田」の宿泊報告をしたいと思う。
宿泊したのは、今年(2017年)の6月中旬だ。
このホテルは、東京を代表する繁華街、五反田のど真ん中にある。

(1)宿泊基本情報
・宿泊時期: 2017年6月中旬
・宿泊日程: 1泊2日
・宿泊プラン: 【室数限定】ドーミーインExpress仙台シーサイド&ドーミーイン出雲OPEN記念プラン
・部屋タイプ: ●男性専用●おまかせキャビン
・宿泊料金:  5,690円/1泊

時刻は23:40、JR山手線の五反田駅に到着。
ここから今宵の宿「global cabin五反田」までは徒歩3分ほどの距離だ。

五反田駅東口を出て、ホテルに向かう。
道は仕事帰りのサラリーマンやOLで溢れている。
週末のためか酔客が多い...。(^^;)
中々前に進めない。(´・_・`)

時刻は24:00、ようやく「global cabin五反田」に到着した。
公式HPの写真の印象とは異なり、思ったより小じんまりとした建物だ。

global cabin 01
[写真]global cabin五反田の外観(撮影:翌日のチェックアウト後)

ホテルの周りは、風俗系の店舗やラブホがちらほら...。
呼び込みのオニーサン、オネーサンが大勢いらっしゃる。(^^;)
男一人で歩いていると、アジア系の女性が次々と誘ってくる。
片言の日本語で。
「マッサージ、イカガデスカ?」
「イイトコアルヨー。」
「サイゴマデOKヨ~ン。」
って感じで。(^^;)
これらの誘惑を難なく振り切って!?今宵の宿に入った。

global cabin 02
[写真]global cabin五反田の内部①(撮影:翌日のチェックアウト後)

フロントのある2Fに階段で上がる。
フロントはチェックイン手続きを待つお客が3名並んでいる。
私も最後尾に並んだ。
フロントの横には、飲食ができるフリースペースが設けられている。

global cabin 03
[写真]global cabin五反田の内部②(撮影:翌日のチェックアウト後)

チェックインの手続きを終え、エレベータを待つ。
しかし、このエレベータが何とものんびり。(゚д゚)
かなり年季の入ったエレベータなんだろうね。
階数表示が変わるスピードが遅い。
1フロアを上下するのに、2~3秒かかっている。
しかも1台しかないので、2Fエレベータ前は大混雑だ。(´・_・`)

global cabin 04
[写真]global cabin五反田の内部④

今日の部屋は5Fとのこと。
エレベータを降りると、目の前にガラスで仕切られた扉が。
どうやらこの扉の向こう側に部屋があるようだ。
扉横のカード読み取り装置に宿泊カードをかざして扉を開けた。

global cabin 05
[写真]global cabin五反田の内部⑤

部屋へと続く廊下は、黒とグレーを基調としたシックな造りだ。
時折り他の宿泊者のイビキが聞こえてくる。(^^;)
まあ、簡易宿泊施設なので仕方ないね。

global cabin 06
[写真]global cabin五反田の内部⑥

今宵、私が宿泊する部屋のタイプは、スタンダードキャビン。
アコーデオンカーテンを開けると、正面にデスクやイスが見える。
右側の壁には、衣服を掛けるハンガーと鏡が設置されている。
左側の上部がキャビンスペースだ。

ただ、写真では伝わらないかもしれないが、やっぱり狭い。(´・_・`)
右の壁と左のキャビンの間は、私の肩幅よりも少し広い程度。
う~ん、結構、圧迫感があるね。(*゚Q゚*)
カプセルホテルだから仕方ないか。

global cabin 07
[写真]global cabin五反田の内部⑦

棚には、無料のミネラルウォータが1本。
これはありがたい。o(^▽^)o

サイズは小さいがセキュリティボックスもある。
ここは簡易宿泊施設なので、法律上、部屋単位での施錠はできない。
セキュリティボックスは必須の設備だ。

キャビンはこんな感じ。
キャビンには壁掛けTVが設置されている。

global cabin 08
[写真]global cabin五反田の内部⑧

枕元にはヘッドホンが供えられている。
キャビン内の照明はとても明るく、読書するにも問題なさそうだ。

global cabin 09
[写真]global cabin五反田の内部⑨

しばし、備え付けのInformationボードで研究。
ほ~、ズボンプレッサーや洗濯機、冷蔵庫代わりのクールボックスなんかもあるんだね。
備品については、不便はなさそうだ。

global cabin 12
[写真]global cabin五反田の内部⑩

キャビンを出て、フロア内を探検。
ここは、ズボンプレッサーや洗濯機、クールボックスが置かれているスペース。

global cabin 13
[写真]global cabin五反田の内部⑪

ここは、共用のトイレ。

global cabin 14
[写真]global cabin五反田の内部⑫

ここは、共用のドレッサースペース。

global cabin 15
[写真]global cabin五反田の内部⑬

ここは、共用のシャワールームだ。

global cabin 16
[写真]global cabin五反田の内部⑭


(2)大浴場
時刻は深夜4:20、いつもの至極の時間を過ごすため、8F大浴場へ。
ルームキーを大浴場入口の読み取り機にかざし、ドアを解錠。
男湯の暖簾をくぐる。

global cabin 17
[写真]global cabin五反田の風呂①

靴箱にはスリッパは無し。
ヤッター、今日も風呂を独り占めだ。 \(^o^)/

ここのお風呂は、屋内に内風呂のみ。
サウナや水風呂、露天風呂等は無い。

内風呂は大人が3名程度入れる程度のキャパ。
内風呂の手前と奥に洗い場が設置されている。

global cabin 18
[写真]global cabin五反田の風呂②(公式HPより)

体をサッと洗い、内風呂に入る。
ここのお湯は温泉ではないが、金属イオンを除去し限りなくゼロに近づけた超軟水。
お湯の温度は熱め、サラッとした湯触りで、しっとりと肌になじむ。
気持ちいいなぁー (((o(*゚▽゚*)o)))

浴室内は明るく清潔感があって、いい感じだ。(^∇^)
時刻は5:00、十分楽しんだのであがることにした。

大浴場の隣には、漫画コーナーがある。
ここの漫画本は、島耕作シリーズが充実しているようだ。
読みたい気もするが、今日はこの後に予定があるので断念した。

global cabin 19
[写真]global cabin五反田の内部⑮


(3)モーニングドリンクサービス
時刻は6:20、身支度を終え、2Fフロントへ。
このホテルでは、ドーミーイン名物の朝食を提供していない。
代わりに朝の時間帯限定(6:30~10:00)で、スムージーが提供されている。

global cabin 20
[写真]global cabin五反田のドリンク①

今日のスムージーは、青森県産の桃を使った「桃とヨーグルト」だ。
私も1杯いただいた。

global cabin 21
[写真]global cabin五反田のドリンク①

桃の甘みがとても強く、ヨーグルトとの相性がよい。
うまいな~。(((o(*゚▽゚*)o)))
あっと言う間に、飲み干してしまった。


(4)番外
時刻は6:40、チェックアウトした。
さあ、とりあえず家に帰ろうっと。

ところでこのホテルについて。
首都圏の好立地にもかかわらず安価に泊まれるという点では、メリットが大きいホテルだ。
しかも、大浴場は清潔で快適だしね。(*^_^*)

ただ...。
キャビンの清掃はもう少し気を配った方がよいと思う。
シーツには小さなシミやゴミが付着していたし、机には薄っすらと埃が。(´・_・`)

あと、ビジネスマンの利用を想定するのであれば、ビジネスバッグがすっぽり入る大きさのセーフティボックスが欲しいところだ。
いちいち貴重品だけを出して、小ぶりなセーフティボックスに入れるのは面倒。
PCなんかも入れておきたいしね。
これは是非検討していただきたい。

(これは施設の造り上仕方ないのだが)周りの方のイビキが激しく、ほとんど眠れなかった。(T_T)
また、共用のトイレは、他の方のマナーの問題と思うが、お世辞にもきれいとは言えなかった。(´・_・`)

これらのメリットとデメリットを相殺すると、私の場合は宿泊ではなく、”大浴場が使える時間帯にショートステイ”で利用するのがベターかもしれない。(*^_^*)
ショートステイだったら、料金もお得だしね。o(^▽^)o

今後、東京の水道橋、横浜にglobal cabinができるようだ。
今回の経験を参考に、最適な宿泊プランを選定したいと思う。


<ホテルの情報>
global cabin五反田
 住所: 東京都品川区東五反田一丁目17-1
 電話番号: 03-3442-9686
 
 
スポンサーサイト

↓↓↓↓↓ 応援よろしくお願いいたします m(._.)m ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

旅人しろきち

Author:旅人しろきち
◆40代後半のおっさん
◆東京都在住
地球上のおいしいものを食べ歩く旅人です。2017年も、ANAとドーミーインをフルに使って日本全国を、海外は大好きなバンコク(タイ)を中心に食べ歩きます。
2017年6月、「ドーミーイン全国制覇の旅」を完遂しました。

ランキングに参加しました!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ

FC2カウンター