FC2ブログ

おいしいものを探し求めて、地球上をぷらぷら旅する自由人!?の旅行記です。海外はバンコク(タイ)を、日本国内は東京・銀座、札幌を中心においしいものを捜索しています。

銀座 朧月(東京・銀座)

 0
こんにちは、旅人しろきちです。

今日は東京・銀座にある「銀座 朧月(おぼろづき)」を紹介したいと思う。
このお店は、行列が絶えないと評判の人気つけ麺店だ。

訪れたのは、今年(2018年)の2月上旬。
夕食を取った後の〆に利用させていただいた。

お店の場所は銀座6丁目。
銀座中央通りの銀座5丁目の交差点を日比谷方面へ。
外堀通りを横切って、泰明小学校の角を左に曲がった直ぐのところにある。

ginza oborozuki 01

時刻は20:00、ぷらぷらと銀座の街を彷徨っていたときのこと。
「銀座 朧月」の前をたまたま通りがかった。

いつもは長蛇の列なのだが、このときは待っている人が5~6名と意外にも少ない。(*゚Q゚*)
本能の赴くまま最後尾に並んでしまった。
夕食を食べたばかりで、お腹はあまり減っていないのに...。(^^;)

ginza oborozuki 02

待つこと10分ほどで店内へ。
オーダーしたのは、ここの看板メニュー「濃厚つけ麺」の並盛り(850円)だ。

ちなみに、並盛り(麺:200g)と中盛り(麺:300g)は同一価格の850円。
大盛り(麺:400g)は100円増しの950円だ。
ダイエット中(?)ということもあり、ここは心を鬼にして並盛りでガマンしたのだ。エライ?

店内はカウンター7席のこじんまりとした造りだ。
先客が食べ終わるまで、さらに数分ほど経過。

ようやく席に座れたのは、20:20頃だ。
着席後、2~3分で出来上がり。
つけ汁の見た目はドロドロ系、麺は太麺で艶々としている。
うまそうだ。(((o(*゚▽゚*)o)))

ginza oborozuki 03

早速、実食。
つけ汁は見た目とは裏腹にあっさり、豚と魚介の旨みがたっぷり溶け出した上品な味だ。
角切りのチャーシューの塩気とたまねぎの甘みとのバランスも良い。
麺をつけ汁に浸し、口に運ぶ。
麺は太麺でコシが強くてもちもち。
つけ汁がよく絡み、相性も抜群だ。

うまい~!! ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ものの数分で完食してしまった。
ごちそうさまでした。 m(._.)m

ところでこのお店、たまたまかもしれないが圧倒的に女性客が多い。
カウンター7席中、男性は私ひとり...。
そう言えば、行列に並んでいるときも男性はちらほら。
つけ汁が洋服に付かないように紙エプロンを用意するなど、女性客への配慮も人気の要因かな。

<お店の情報>
銀座 朧月(おぼろづき)
 住所: 東京都中央区銀座6-3-5
 電話番号: 非公開

 
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply