FC2ブログ

おいしいものを探し求めて、地球上をぷらぷら旅する自由人!?の旅行記です。海外はバンコク(タイ)を、日本国内は東京・銀座、札幌を中心においしいものを捜索しています。

[71] ドーミーイン本八戸

 0
こんにちは、旅人しろきちです。

今日は「ドーミーイン全国制覇の旅」の第71弾、「天然温泉 南部の湯 ドーミーイン本八戸」の宿泊報告をしたいと思う。
このホテルのオープンは今年(2018年)の3月14日。
オープンの翌週に宿泊してきた。
この宿泊でドーミーインは通算71棟目の宿泊だ。o(^▽^)o


(1)宿泊基本情報
・宿泊時期:2018年3月下旬
・宿泊日程:1泊2日
・宿泊プラン:【室数限定】ドーミーイン本八戸OPEN記念プラン!≪朝食付≫
・部屋タイプ:禁煙おまかせ
・宿泊料金:6,990円/1泊 

時刻は22:15、夕食をとった「ばんや」を出て、正面のコンビニで夜食を調達。
今宵の宿「ドーミーイン本八戸」に着いたのは22:30頃だ。

honhachinohe 01

1Fのフロントでチェックンの手続きを行い、エレベータに乗り込んだ。
エレベータホールはこんな感じ。
新しくてきれいだ。(^^)

honhachinohe 02

廊下はこんな感じ。

honhachinohe 03

貸し出し用のズボンプレッサーが用意されている。

honhachinohe 04

今日の部屋は禁煙のダブルルーム。
ベッドが大きいので快適に眠れそうだ。

honhachinohe 05

テレビとデスクはこんな感じ。
セイフティーボックスも完備!

honhachinohe 06

水周りと冷蔵庫はこんな感じ。

honhachinohe 07

シャワールームはこんな感じ。

honhachinohe 08

トイレはこんな感じ。
典型的なドーミーインの統一仕様だね。(^^)

honhachinohe 09

部屋の窓からの景色はこんな感じ。
さっき立ち寄ったコンビニが煌々と輝いている。(^^;)

honhachinohe 10


(2)大浴場[天然温泉 南部の湯]
時刻は深夜1:50、いつもの至極の時間を過ごすため、13F大浴場 [天然温泉 南部の湯]へ。

honhachinohe 11

男湯の暖簾をくぐる。

honhachinohe 12

靴箱にはスリッパは無し。
先客はいないようだ、ヤッター。\(^o^)/

ここのお風呂は、屋内に内湯、水風呂、屋外には露天風呂、壺風呂の計4種類。
公式HPの写真には屋内に壺風呂が写っているが、男性用は屋外に壺風呂が設置されている。
この写真は女性用の風呂なのかもしれない。

honhachinohe 13
(公式HPより)

体をサッと洗い、まずは屋内の内湯に入る。
内湯は天然温泉、泉質は「ナトリウム・塩化物泉」とのこと。
念のため、八丈島の釣行で負った左肘の傷口をお湯につけないようにした。
この泉質だと傷口に沁みそうなので。。。(^^;)

お湯の温度は熱め。
泉質が弱アルカリ性のため、軽くヌルっとする。
肌表面の角質が溶け出し、皮膚がヌルヌルする。
気持ちいいなあー。(((o(*゚▽゚*)o)))

続いて、屋外にある露天風呂へ。
内湯から露天風呂につながるドアを開けると、冷気が体を覆う。
うっ、寒い~。(*゚Q゚*)

急ぎ露天風呂のお湯に浸かった。
お湯の温度は熱め。
露天風呂からは本八戸の街並みを一望できる。
しばし、ゆったりとお湯を楽しんだ。
気持ちいいなあー。(((o(*゚▽゚*)o)))

ただ、左肘をお湯につけないように左腕を上げたまま。
3分もたたないうちに左腕に疲れと冷えを感じ、内湯に戻った。

時刻は2:30、十分に堪能したのであがることにした。
今日のお風呂も快適だった。 (*^_^*)

13Fにはマッサージチェアや漫画コーナーが設置されている。
これも典型的なドーミーイン仕様だね。

honhachinohe 14

honhachinohe 15


(3)朝食 [レストラン: Hatago]
時刻は7:30、2F レストランに到着。
いつもの通り、ここのおすすめメニューをチェック。
ここの名物は、ホタテの炙り焼、せんべい汁などのようだ。

honhachinohe 16

入口でスタッフの方に部屋番号と名前を告げトレイを取った。
まず目に飛び込んできたのは「ぶっかけ丼」のコーナー。
茶碗に酢飯を少なめによそい、その上にまぐろ漬け、いか、めかぶ、長芋などを目一杯のせた。

honhachinohe 17

「ぶっかけ丼」コーナーの横では、ジリジリ、パチパチと良い音をたててホタテとタラバガニが炙られている。
もちろんいただいた。(*^_^*)

honhachinohe 18

その他にホタテ飯、タラバガニの味噌汁、せんべい汁など、今日も取れるだけ取った。

honhachinohe 19

早速、ホタテとタラバガニに炙り焼からいただく。
ホタテは肉厚で甘みが強い、タラバガニも身が太くて甘く食べごたえ抜群だ。

うまい~~。(#^.^#)

他の品もおいしくて、あっという間に完食してしまった。

続いてデザートをいただいた。
ここは青森、名物といえば何といっても「りんご」だ。
私は「りんご」大好き人間。
毎日欠かさず「りんご」を1個丸かじりしている。(*^_^*)
カットりんご、りんごゼリー、りんごジュースをいただいた。

honhachinohe 20

うまい~~。(#^.^#)

どれもおいしいが、やっぱり「りんご」はそのまま食べるのが一番!
カットりんごお代わりさせていただいた。(#^.^#)

今日の朝食も大満足!
ごちそうさまでした。m(._.)m


(4)宿泊を終えての感想

<良かった点>\(^o^)/
・スタッフの方の接客は、丁寧で好感が持てる!
・オープンしたばかりなので、ホテルの客室や設備は新しくて清潔!
・大浴場の内湯は天然温泉、湯触りが良く気持ちよかった!露天風呂からは本八戸の街並みが一望!!
・朝食は青森名物のホタテの炙り焼、せんべい汁など、どれも美味!
・オープニング記念プラン(6,990円/泊)での宿泊だったので、とってもリーズナブル!
・プレオープンということもあり、宿泊人数を絞っているようで、館内に人が少なく快適!

<残念だった点>(´・_・`)
・最寄駅からの徒歩15分くらいと遠い。しかも歩道が狭く、特に夜間は歩きにくい。

今回も総じて満足度の高い滞在だった。
本八戸に行く機会はあまり無いと思うが、行くときは是非リピしたい。(((o(*゚▽゚*)o)))

 
<ホテルの情報>
天然温泉 南部の湯 ドーミーイン本八戸
 住所: 青森県八戸市朔日町5番1
 電話番号: 0178-73-5489


<宿泊レポ一覧>
 こちらから他のドーミーインの宿泊レポを見ることができます。
 
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply