FC2ブログ

おいしいものを探し求めて、地球上をぷらぷら旅する自由人!?の旅行記です。海外はバンコク(タイ)を、日本国内は東京・銀座、札幌を中心においしいものを捜索しています。

4度目の八丈島釣行に向けて

 0
こんにちは、旅人しろきちです。

十分な対策を施した上で臨んだ3度目の八丈島釣行。
にもかかわらず、新たな課題が顕在化した。
う~ん、やればやるほど新たな課題が発生する。
イタチごっこだね...。

でも対処しなければならない。
早速、3度目の釣行で顕在化した課題への対応を行った。

課題は以下の通り。
『防波堤や足場の悪いところでも安全に移動できるように用意した「釣り専用のシューズ」。
逆に大理石の床などには逆効果、超~滑りやすいことが判明した。』

suberidome 01

滑る原因は、この金属製のスパイクピンだ。

suberidome 02

どうしよう~。(´・_・`)

買ったばかりで、まだ1回しか使っていない。
それに当初想定していた釣り場での安定感は抜群!
使わないのはもったいない。
だからと言って、釣り場で履き替えるのも荷物が多くなるので避けたいところ。
何とかこのシューズを有効利用する手はないものか...。

頭をフル回転。
眠れぬ日々が続いた。(嘘)

ふと閃いた!
解決策発見だ!!

名付けて、
「滑り止め用の金属製スパイクピンが付いた”釣り専用シューズ”のスパイクピンを一時的に無効化するために、既存の靴に後付けできる取り外し可能な滑り止めスパイクピンが付いた”靴底用滑り止めスパイク”からスパイクピンを取り外し、これを”釣り専用シューズ”の靴底に取り付けることでツルツルの床でも滑りにくくする作戦」 ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

う~ん、わかりにくい。(^^;)

つまり、こういうこと。
『釣り専用シューズのスパイクピンが、直接ツルツルの床に触れないように、靴底にゴムをかぶせる』作戦だ。

・自宅から釣り場までは、靴底にゴムをかぶせた状態。→靴底のスパイクピンが機能しない。
・釣り場に着いたらゴムを外す。→シューズ本来の姿、靴底のスパイクピンが機能する。
・釣り場から自宅までは、靴底にゴムをかぶせた状態。→靴底のスパイクピンが機能しない。

という訳で、Amazonで探し当てたのがコレ。
「SUPERKIT靴底用滑り止め スパイク(予備ピン+3個付き>)携帯 強力の10ピン 滑らない 雪道 靴用ゴム底 アイススパイ」
という商品だ。

この商品は、
・後付けで靴底に取り付けることができる。
・スパイクピンを取り外し、付け替えることができる。
のが特徴。

それに魅力は何といってもその価格。
左右一組で何と300円!!
送料込みの値段だ。

すぐにオーダー。
ただ、発送元は海外(中国)だったので、到着まで1週間程度を要した。

取り付け開始。
開封するとこんな状態。
左右ともに10個のスパイクピンが取り付けられている。
予備も3個あり。

suberidome 03

まずはスパイクピンを全部取り外す。

suberidome 04

でもって、釣り専用シューズの靴底にスパイクピンを取り外したゴムを取り付けた。

suberidome 05

できあがり!!

suberidome 06

履いてみた感じ、靴底のスパイクはほとんど機能しない。
特につま先部分は、ツルツルの床でもグリップ力抜群!!

ただ、体重がスパイクピンにかかるので、使っているうちにスパイクピンがゴムを貫通するだろう。
でも、まわりのゴムが滑り止めの役割を果たすので問題ないはずだ。
あとは耐久性かな。

とりあえず、これで羽田空港の磨き抜かれたツルツルの床でも大丈夫だ。
颯爽と歩くことができるだろう。o(^▽^)o

ということで、早速、4度目の八丈島釣行に行ってくる。
今度こそ万全だ!
 
 
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply